2021.3.6

ファンクラブ限定LIVE BIC MEETING THE独演会 VII ~ON LINE~ 再配信と払い戻し、再販売のお知らせ


以下、ライブ配信運営会社「TAPIRS LIVE STREAMING」からの案内となります。

------
弊社ライブ配信サイト「TAPIRS LIVE STREAMING」での
ファンクラブ限定ライブの配信トラブルに於いて、
皆様にご迷惑をおかけしております事を深くお詫び申し上げます。

今回の配信トラブルは、LIVE配信に向け通常時よりWEBサーバーを増やしたことにより、逆にサイトへ負荷がかかってしまったことが原因と判明いたしました。
この事象を解決すべく、負荷を分散するシステムを構築し、万全な負荷試験をした後、リリースいたします。

また、この状況にも関わらず、角松敏生様並びに関係者皆様の寛大なるお心により、弊社「TAPIRS LIVE STREAMING」にて再配信をさせていただけることとなりましたことをご報告いたします。

【再配信日】
3月20日(土・祝) オープン19:30~ / スタート20:00~
※チケットをご購入いただいた際の「注文番号」「発券番号」にてご視聴いただけます。

なお、再配信が決定いたしましたが、お客様のご都合が合わない等で返金をご希望の場合は以下日程より払い戻し受付を予定しております。
【払い戻し受付】
3月13日(土) ~(予定)

また、配信チケットの再販売も実施いたします。
【チケット再販売受付】
受付期間:3月13日(土)12:00~3月20日(土・祝)昼11:59
https://ticket-every.jp/all/kdmtt212-02atf
※2月27日までにチケットを購入済みの皆様におかれましては再販売にてご購入いただく必要はございません。

LIVE配信・払い戻し受付・チケット再販売受付の詳細が決定いたしましたら、
改めて皆様へご報告させていただきます。

ご報告、ご案内が遅れておりますこと、重ねてお詫び申し上げます。

2021年3月6日
株式会社テイパーズ

【再配信と払い戻し、再販売に関するお問い合わせ】
メールでのお問い合わせ:https://ticket-every.jp/all/contact/index
公演名に「角松敏生」とご入力ください。

【視聴に関するお問い合わせ】
メールでのお問い合わせ:https://live.re-tapirs.com/contact/
配信タイトルに「角松敏生」とご入力ください。
------

2021.2.27

ファンクラブ限定LIVE BIC MEETING THE独演会 VII 〜ON LINE〜配信中止のお知らせ

この度は、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

運営会社のシステム復旧作業を行なっておりましたが、
回復の見込みが出来ない為、本日の配信は中止とさせて頂きます。
誠に申し訳ございません。
追ってチケットご購入のお客様にはご案内のご連絡をさせて頂きますので、
何卒ご了承頂けますようお願い申し上げます。

2021.2.26

「TOSHIKI KADOMATSU 40th Anniversary Live」BICチケット先行抽選予約 新規入会についてのご案内

2021年6月19日(土)に「TOSHIKI KADOMATSU 40th Anniversary Live」の公演開催が決定致しました。

「BIC」では【2021年2月26日(金)~2021年4月19日(月)23:59】の期間にて、「TOSHIKI KADOMATSU 40th Anniversary Live」BICチケット先行抽選予約の受付を行います。

2021年3月31日(水)までにご入会(=ご入金)された方までが申込み対象となりますので、是非この機会にご入会下さい!

◎角松敏生オフィシャルファンクラブ「BIC」入会方法詳細はコチラ!
http://bic-fc.jp/fanclub/howto.html

※上記期日までにご入会(=ご入金)頂いたお客様へは、ご入金頂いた翌月の上旬頃に会員証を同封の上、「TOSHIKI KADOMATSU 40th Anniversary Live」BICチケット先行抽選予約のご案内チラシを簡易書留にてお送り致します。
お手元に届きましたら内容をご確認の上、期間内にお申込み下さい。
なお、ご不在の場合は、ポストに不在通知が投函されますので、保管期間内に必ずお受け取り頂きますようお願い申し上げます。
※先着順ではありませんので、慌てずお間違いのないようご注意の上、お申込み下さい。

2021.2.26

「TOSHIKI KADOMATSU 40th Anniversary Live」BICチケット先行抽選予約についてのご案内

TOSHIKI KADOMATSU 40th Anniversary Live

2021年6月19日(土) 神奈川・横浜アリーナ 
開場14:00/開演15:00

<BICチケット先行抽選予約受付>
受付URL:https://ticket-every.jp/all/ticket/40thlive
※インターネットのみ(パソコン・スマートフォン共通)
フィーチャーフォンからはアクセスは出来ません。

チケット料金:全席指定 13,200円(税込)

受付・確認期間:BICチケット先行抽選予約のご案内チラシが届いたとき~2021年4月19日(月)23:59
抽選結果確認・入金期間:2021年4月24日(土)13:00~2021年5月3日(月・祝)23:59
チケット枚数制限:お一人様4枚まで

お申込対象者:2021年2月1日(月)時点で会員期限が有効な会員の方
2021年3月31日(水)消印日までに新規入会(=ご入金)のお手続きを完了された方

※同伴者はBIC会員以外の方でもお申し込みいただけます。

デジタルチケット取得期間:2021年6月14日(月)13:00~公演日23:59

新型コロナイウイルス感染拡大防止のため以下の対策を実施いたします。
また該当する項目がある方はご来場をお控えくださいますようお願いいたします。
以下ご案内を必ずご確認いただき、ご同意いただける場合のみお申込ください。

■新型コロナウイルス感染拡大防止について
・本公演の会場収容人数は、政府、自治体のガイドラインに沿って販売いたします。
※異なるグループ間では座席を1席空け、同一グループ内では座席間隔を設けず販売いたします。
※座席の抽選によっては、同一グループであっても通路を挟んでのお席、また前後のお席になる場合もございますので予めご了承ください。
※抽選時期の政府、自治体のガイドラインよっては、上記と異なる販売になる可能性がございます。

[公演当日、以下の項目に該当されるお客様は当日のご来場をお控えください]
・体調のすぐれない方、発熱や咳、全身痛、倦怠感等、風邪の症状が少しでもみられる方
・咳、くしゃみ、鼻水などにより、周りのお客様を不安にさせてしまう可能性のある方
・薬等の服用により、上記症状を一時的におさえている方、新型コロナウイルス感染症陽性者との濃厚接触がある方
・過去14日以内に政府から入国制限、入国後の観察期間を必要とされている国、地域等への渡航ならびに当該在住者との濃厚接触がある方
・同居するご家族、ご友人、勤務先、学校等にて、新型コロナウイルス感染症の感染者がいる方

[会場内でのご注意・お願い]
・入場時に非接触体温計にて検温を行います。検温結果によって、37.5度以上の発熱(平熱より1度以上高い発熱)があった場合や、咳やくしゃみの症状がある方はご入場いただけません。
・検温後、手指消毒をお願いいたします。
・会場内では常時マスクをご着用ください。ご着用していない方のご入場はお断りさせていただきます。
・会場スタッフも常時マスク、もしくはフェイスシールドを着用して接客をさせていただきます。
・消毒液を入場口のほか、ロビー、お手洗い付近等に設置しておりますので、手指消毒及びこまめな手洗いをお願いいたします。
・ご入場後に体調を崩された場合は、速やかにスタッフにお申し出ください(症状によりご退場をお願いさせていただく場合もございます)。
・公演中は、ご指定の席でご鑑賞いただき、応援や声援を発声する行為はご遠慮ください。拍手、手拍子のみ可能となります。
・紙飛行機の持ち込み、及び場内で紙飛行機を飛ばす行為はご遠慮ください。
・公演時間は5時間を予定しております。公演中、場内は常に換気状態を保ち換気を行います。
・会場周辺での入り待ち、出待ち行為は一切禁止といたします。
・感染リスク低減の為、お客様からのプレゼント及びスタンド花、お祝い花の受け取りはお断りさせていただきます。
・お客様の入退場に関しても、係員の指示に必ず従ってください。
・場内、ロビーなどでのご歓談はご遠慮いただきますようお願いいたします。
・規制入場、規制退場を実施する予定です。

【チケット申込みに関するお問い合わせ】
チケットインフォメーションセンター
メールでのお問い合わせ:https://ticket-every.jp/all/ticket/contact/index
公演名に「角松敏生」とご入力ください。

【公演に関するお問い合わせ】
ディスクガレージ
メールでのお問い合わせ:https://www.diskgarage.com/form/info
※ご注意!
BICチケット先行抽選予約のご案内チラシにお電話でのお問い合わせ先をご案内しておりますが、新型コロナウイルスの影響によりお電話でのお問い合わせ窓⼝は休業となっております。
ご不明点等ございましたら上記URLよりごお問い合わせください。

【その他のお問い合わせ】
メールでのお問い合わせ:https://bic-fc.jp/contact/
※新型コロナウイルスの影響により、お電話でのお問い合わせ業務を臨時休業とさせていただいております。
大変お手数をおかけいたしますが、ご不明点がございましたらメールにてお問い合わせください。

2021.2.26

「TOSHIKI KADOMATSU 40th Anniversary Live」公演内容発表!

皆様お元気ですか?
いよいよ40周年横浜アリーナ開催まで数ヶ⽉となりました。
いまだにコロナの影響下にあるため、周年恒例の6時間ライブは不可能ですがその分、開演を15時と早くして20時終演予定を⽬指し、皆様に楽しんでいただけるライブを目指します。
現状では半分の動員にての開催を進めていますが、今後世の中の状況次第によってはそれも臨機応変に対応する予定であります。
ガイドラインに従いますと、アリーナクラスでの4時間半以上のライブには換気の意味も含め20分の休憩を⼆回⼊れなければならない都合もあり、いつもの周年とはまた違った雰囲気にはなりそうですが、今だからできること、やりたいこと、それを精⼀杯お届けしたいと思います。
ということで今回の40周年イベントは異例ですがその内容を特別に事前告知いたします!
今回も周年ライブ恒例の直近5年間の活動を凝縮してお届けすると同時に、40年の軌跡を皆様と振り返る⼀期⼀会の時間にしたいと思います。
前述しましたように、2回の休憩を挟まなければならない都合上、三部構成のステージを考えております。各部約1時間半、終演は20時予定です。
ちなみに今回は周年でよくあるスペシャルゲストというような⽅は考えていません。
私と現在考えうる最⾼の私の仲間たちのみでガッチリ構成いたします。
それではその内容をお知らせしましょう!

第⼀部 「Summer Medicine with The Big Band」
5年前の2017年、30年前のギターインストアルバムをリメイクした「SEA IS A LADY 2017」をリリースいたしました。
⼤変ご好評をいただきまして2017年度の⽇本ゴールドディスク⼤賞インスト部⾨作品として賞もいただきました。ツアーも盛り上がりました。
そして2018年度は同様の企画にて30年前にプロデュースしましたビッグバンドのアルバム企画を⾓松版で再構築した「Breath From The Season 2018」をリリース、本格的なJAZZテイストへの初めてのトライアルを試みました。
また、このツアーでは⾃分史上最多のミュージシャンを引き連れたビッグバンドツアーを敢⾏、こちらもご好評をいただき、思い出に残る1年でした。
40周年ライブ、オープニングを飾るコーナーは、2017年、2018年のあの「キラキラした夏」を思い出していただきたいと思います。
おなじみのメンバーに豪華な管楽器セクションを組み合わせたビッグバンド編成で、インストあり歌ものありの華やかでアグレッシヴなステージをお楽しみいただきたいと思います。

第⼆部 「東京少年少⼥異聞」
私にはある⽬標があります。そのために90年代から現在に⾄るまでの間、映像制作、編集、映画⾳楽、そして⾃らが演者となり挑戦した下北沢本多劇場でのお芝居、直近ではミュージカルの⾳楽監督、ラジオドラマの制作などの経験を重ねてきました。
それらの経験から、物語を編むということ、舞台作りとは、役者とは、映像表現とは、そして改めて⾳楽とは何か。
それらエンターテインメントの総合的な知⾒をある時は表で、ある時は裏⽅として学び、研鑽を続けてまいりました。
その学びの最後の仕上げの⼀環として⼿掛けたのが2019年に発表した架空のミュージカルトラック「東京少年少⼥」でした。
しかしこれは実は架空ではなく、2017年に舞台作家、⼤塚幸太⽒と出会い、彼の頭の中にある「東京少年少⼥」という舞台の構想を聞かせていただき、2020 年を⽬処にその舞台の実現化を⽬指しましょうということから始まったことでした。
その時点で⼤塚さんの脚本はまだ無かったので、「架空」という表現をしました。
まずそれを「⾓松敏⽣の歌」として表現してツアーを巡り、実際に舞台になったらどうなるのだろうかというお客様の想像⼒や期待を⾼める⼿法を提案しました。
この2019年のツアーでは、アルバム「東京少年少⼥」からの曲をライブパフォーマンスする30分間のコーナーを設け、そこでそのツアー先の全国各地で活動するミュージカルチーム、劇団、プロダンサー、⾼校のダンス部など、様々な⼈たちに出演していただきました。
私は彼らに「このアルバムの曲を聴いて⾃由勝⼿に物語を作って好きなように演じてください」と、依頼しました。そうして各地の⼈達が⾃由に発想するその時限りの「東京少年少⼥」をダンスやサイレントアクトで表現してくれました。
各地とも素晴らしかった。その熱量に感動しましたね。素晴らしい学びをいただきました。
その後、2020年2⽉、⼤塚幸太さん版の「東京少年少⼥」が無事完成上演されました。
コロナ禍に⾒舞われる直前のことでまさに奇跡的に上演できた公演でした。
この舞台では私は⾳楽監督として完全に裏⽅として携わりました。
こうしたミュージカル作品の舞台裏仕事はまさに私の⽬標に向けての最終仕上げでもありました。
2019年のツアー各地での演者さん、ダンサーさんたちの熱量、素晴らしさ、そして昨年実現した⼤塚さんとのコラボレーション、演者の皆さんの素晴らしさ、どれをとっても「東京少年少⼥」は私にとって忘れられないものになりました。
さて、前置きが⻑くなりましたが、第⼆部は、私のその⽬標であります、私が⽬指す新しいステージエンターテインメントの形、ある種の複合エンターテインメントのプロトタイプ(実験)をお⾒せしようと思います。
⾳楽のライブが表現の司令塔となり、ダンスやアクトなどの異なるエンターテインメントの技を束ねて⾏くもので、既存のミュージカルやお芝居、⾳楽劇とは全く印象の異なるものを⽬指しています。
MLA&D(MUSICLIVE, ACT&DANCE)という私が提唱したい新しい形の舞台、そのプロトタイプです。
プロトタイプなのでまだまだ試⾏錯誤の連続ですが、そのテーマとして「東京少年少⼥」を選びました。
今回お届けするのは⼤塚さんの作った舞台とはまた違うものです。
⾓松版「東京少年少⼥」です。私が新たに制作総指揮、⾳楽、脚本、演出、を⼿掛けます。
題して「東京少年少⼥異聞」。
もう⼀つの、まだ誰も知らない「東京少年少⼥」であります。
私の優秀な仲間たちの演奏にのせて全編私が歌う⾓松楽曲のライブが巧妙に舞台とコラボレーションする様をお⾒せするわけです。
今回特に⽬指すことは、「既存の舞台やミュージカルが苦⼿な⼈も最後まで退屈せずに⾒られるもの」です。
この作品を作り上げるのには周到な準備が必要であります。
⼤体、こんなことを横浜アリーナのような会場でやること⾃体が無謀なのですが(笑)、本番までのこの数ヶ⽉は過酷な⽇々になるかと思います。
⾳楽、芝居、ダンス、全ての才能を独⽴して際⽴たせます。その様を追うカメラが映し出す映像を左右の⼤スクリーンにてムービー表現としてもお⾒せしようと思っています。
この無謀な企画をなんとかして成⽴させてみたい。
この⽇限り、⼀期⼀会、⼀⽇限りの舞台です。
全編⾓松⾳楽を纏った物語がどうなるか、どうかお楽しみに。

第三部「40th Anniversary Past & The Future」
新旧の曲を時間の許す限り歌います。定番オンパレード&久々のあの1曲など、とにかく、盛り上がって元気になって帰ってください的なノンストップタイム。
ちなみに残念ながら現在の状況では紙⾶⾏機はまだ⾶ばせません。
しかし、6⽉に状況が変われば・・まだ、わかりません。その時を待ちましょう。
私⾃⾝もそしてお客様も、「今、そこにいる意味」、
それをお互いしっかり感じられる時間にしようじゃありませんか。
私たちとお客様がいる、その空間こそ⼀期⼀会の「LIVE」であります。
6⽉、元気でお会いしましょう!

⾓松敏⽣

現在参加予定ミュージシャン&シンガー
DRUMS:⼭本真央樹
BASS:⼭内薫
GUITAR:鈴⽊英俊、梶原順
KEYBOARDS:森俊之、友成好宏
PERCUSSIONS:⽥中倫明
SINGERS:上森真琴、吉川恭⼦、亜季緒、⼩此⽊⿇⾥、吉沢梨絵
SAXOPHONE:本⽥雅⼈and more
TROMBONE:中川英⼆郎、三原万⾥⼦
TRUMPET:鈴⽊正則、三上貴⼤